-

茶臼山高原の芝桜【豊根村】

やまエリア 事業者の声

豊根村

自家栽培の無農薬野菜を使った商品づくり
~伝統の味を守りながら新しい商品をお届けしたい~

道の駅豊根グリーンポート宮嶋「スタミナセット」事業者:有限会社林商店 代表取締役 林良至さん、取締役専務 林宏成さん

豊根村の家庭の味「田舎きんざんじ」

愛知県最高峰の茶臼山の麓を流れる坂宇場川沿いにある林商店は、漬物の製造・販売で知られる創業64年の老舗だ。
特に、創業当初からある「田舎きんざんじ」は、林さんのおばあさんが手作りした金山寺みそで、豊根村の家庭の味を受け継ぐ看板商品だ。
金山寺みそは「食べるみそ」とも言われる、山間地の気候や水を活かした伝統食。
そんな豊根村の伝統を守りながら、新たな商品開発に取り組む林商店 3代目の林良至さんと弟の林宏成さんにインタビューした。

祖母と父から受け継いだ味を守りたい

初代である林さんのおばあさんは、もともと豊根村で雑貨屋を営んでいた。漬物の販売を始めたきっかけは、野菜も取り扱う中で、野菜を金山寺みそに漬けたところ、近所で大好評となったこと。「田舎きんざんじ」と名付けて商品化した。
2代目の林さんのお父さんは、自分でなんでも手作りする職人気質で、みょうが漬、らっきょ漬、さんさい漬、山ごぼう漬など次々と商品化した。その味がお客様の口コミで広がり、東三河のほとんどのスーパーや個人経営店に卸すまでになった。
子供のころから金山寺味噌を作る手伝いをしていた宏成さんは、夏は辛め、冬は甘めと季節によって味を少し変えることをお父さんから学んだそう。
「祖母から父へと受け継がれた味は、その土地の味を受け継いだものと思って頑張っています。そしてその味をお客さんがおいしいと言ってくださることが一番うれしい。」
宏成さんはそう語ってくれた。

受け継いだ味で新商品「フランク」を開発

看板商品である「田舎きんざんじ」は年配の方には好評であったが、若い方に喜んでいただける食べ方を模索していた。そこで、良至さんが考えたのはフランクだ。
田原の豚肉を豊橋の業者に加工してもらい、フランクの中に金山寺みそを混ぜた「金山寺味噌フランク」を5年前に商品化した。凝縮したうまみがほのかに香る、粗挽きのフランクだ。

自家栽培野菜を使って「13種類」のフランクを商品化

フランクを開発した頃、良至さん、宏成さんは「田舎きんざんじ」に入れる野菜を自分たちで作るために、豊川に畑を借りて、生姜、ウリ、シソ、きくいも、ナスなどを栽培していた。その野菜を使って、新たなフランクの商品化につなげることを考え、えごま、にんにく、生姜、バジル、青じそ、パクチーを豊川で、原木しいたけを豊根で自家栽培し、それらの野菜を練りこんだ13種類のフランクを開発した。
人気商品は香りの強いバジルやにんにく入りのフランク。チーズ入りフランクは、お客様からの要望で最近商品化が実現したものだ。

無農薬野菜を使った安心な商品をお届けしたい

良至さんは農業の経験はなかったが、お客様に安心して食べていただきたいと無農薬栽培にこだわり、農家の方に教えてもらいながら改良をかさねた。苦労も多いが、自分の代で店を終わらせたくないという思いが勝る。
林商店のフランクは、豊川や豊根で栽培した無農薬野菜を、豊かな水のある豊根で加工し、田原の豚をつかったフランクに練りこんでいる“オール東三河”な部分がウリだと言う。
良至さんは「先代のやり方を受け継ぎながら、自分で材料を手作りして商品にすることで、ほかの商品には負けない東三河の商品を皆様にお届けしたい。」と意気込む。

豊根の自然を味わって楽しんでほしい

良至さん、宏成さんは、平日に豊根で金山寺みそを加工し、土日に豊川で畑をする2拠点居住だ。豊根では、家の裏に流れる坂宇場川で鮎を取りに行って、酒のつまみにする。そんな贅沢を満喫しているそう。
「兄弟助け合ってやっていけるのは、昔から遊んできた豊根村の自然のおかげだと思う。」と二人は口をそろえる。
「山にいると時間がゆっくり流れる気がする。心にゆとりができるのかな。和気あいあいとやれています。」
豊根村の自然を味わいながら、林商店の“オール東三河”なフランクを食べて楽しんでみてはいかがだろうか。

編集後記

林商店から、にんにく、バジル、金山寺味噌の3種類のフランクを購入し、家族でいただいた。
にんにくフランクはにんにくの風味と肉汁がマッチしてパンチがある。一方、バジルフランクはさわやかな香りが印象的。そして金山寺味噌フランクは味噌のコクが感じられた。一口サイズのため、子供たちにも食べやすいと好評で、いろんな味や香りのフランクを食べてみたいと話が弾み、楽しい食卓となった。いずれ豊根村へ家族でキャンプにいって、林商店のフランクと豊根村の自然を満喫してみよう。

「しおくりん東三河」は愛知県からの委託を受け、
公益社団法人東三河地域研究センターが運営しています。

しおくりん東三河

公益社団法人東三河地域研究センター

所在地:愛知県豊橋市駅前大通三丁目53番地 
太陽生命豊橋ビル2階

連絡先:0532-21-6647 (平日9:00〜17:00)