-

手筒花火(炎の祭典)【豊橋市】

まちエリア

豊橋市・豊川市

古来から東三河の政治・文化の中心であり、「穂国(ほのくに)」と呼ばれる前に作られた古墳や遺跡、奈良時代に建立された国分尼寺、戦国時代に東三河を治めていた城などの歴史跡が残されています。また日本三大稲荷の一つの豊川稲荷や東海道五十三次の宿場である二川宿、吉田宿、御油宿、赤坂宿などは今でも古い町並みが形成されています。さらに、東三河に古くから伝わる手筒花火は、風物詩として多くの方に親しまれています。こうした東三河の中心地では、伝統の菜めし田楽や豊橋ちくわなどに加え、豊川いなり寿司や豊橋カレーうどんなどのご当地グルメが次々と生まれています。

路面電車【豊橋市】

のんほいパーク【豊橋市】

二川宿【豊橋市】

豊川稲荷【豊川市】

佐奈川堤と桜と菜の花【豊川市】

大和の大いちょう【豊川市】

まちエリアモニター商品

豊川市産

豊川特産 バラの花束(常温)

豊川市はバラ生産地で、市場からも高い評価を受けています。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、大都市での需要低下やブライダル関連の消費低迷が続き、バラ生産者の運営状況は厳しさが増しています。このような状況の中、ぜひ豊川特産のバラをもっと知っていただきたく、その機会の一つとして「しおくりん東三河」に出展の運びとなりました。
事業者の天野バラ園は、水や肥料にこだわり、温室内の温度・湿度、CO2、空気の流れを管理し、収穫するバラの中から上質なバラのみを厳選するなど、一本一本のバラと向き合い、”より良いバラを作ること”に挑み続けています。2014年には、第63回関東東海花の展覧会のバラ部門にて、農林水産大臣賞を受賞しています。

こちらのモニター募集は終了しました。

豊橋市産

豊橋特産の次郎柿(常温)

豊橋で100年近い歴史を持つ「次郎柿」。肥沃で日当たりの良い石巻山のふもとを中心に栽培され、栽培面積は全国1位です。豊橋の次郎柿は糖度が高く、シャキッとした歯ごたえが絶品です。今回の詰め合わせ商品は、生産農家さんが厳選し詰め合わせた最高級品です。豊橋の次郎柿発祥は、蚕都として栄えた豊橋の養蚕業が次第に衰退していくことを見通し、蚕の餌となる桑畑の利活用の新規事業として取り組まれたことがきっかけになっています。地域として農業生産に対する展望をしっかり持ちながら、生産農家の高い技術、知恵と工夫が豊橋の農業の発展を実現してきました。「次郎柿」はまさに豊橋の農業の真骨頂なのです。道の駅とよはし推薦の1品です。

こちらのモニター募集は終了しました。

告知

「しおくりん東三河」モニター募集

  • 第2弾モニター募集は終了いたしました。ご応募頂いた皆様、ありがとうございました!

第2弾応募期間:2021.1.8(金)正午 ~1.22(金) 
募集人数:100名
商品発送:2021年2月上旬
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

応募条件

  • ・申込者は、18歳以上で東三河地域外に居住する方とします。(海外居住の方、第1回モニター当選の方は除きます)
  • ・東三河出身の方、又は東三河に居住・通学歴のある方を優先した抽選によって当選者を選定します。
  • ・ご応募は、お1人様1回までです。
  • ・ご応募いただけるモニター商品は、1種類1個までです。
  • ・ご応募には会員登録が必要です。住所等必須項目を漏れなくご記入ください。また、7問のアンケートに全てご回答ください。
  • ・第一希望の商品に当選されなかった方は、第二希望の商品になります。(第二希望の商品を登録した方のみ)
  • ・宅配時に同封するアンケート調査票にご回答いただきます。
  • ・宅配された商品をSNSなどで友人にお知らせください。ハッシュタグは #しおくりん東三河 でお願いします。
  • ・SNSに公開された投稿内容は「しおくりん 東三河」ウェブサイトでご紹介させていただく場合がございます。

「しおくりん東三河」は愛知県からの委託を受け、
公益社団法人東三河地域研究センターが運営しています。

しおくりん東三河

公益社団法人東三河地域研究センター

所在地:愛知県豊橋市駅前大通三丁目53番地 
太陽生命豊橋ビル2階

連絡先:0532-21-6647 (平日9:00〜17:00)